私にとって自動車は、土日祝日をアクティブに過ごすためにも欠かせない相棒のような存在です。

仕事で溜まったストレスを一気に払拭するためにも車内空間、
快適なエンジン音、ハンドルの操作性などが快適であることは何よりも重要なこと。

とはいっても、これまで5年間使ってきた車もだんだんと性能が落ちてきました。

その分、世間では各メーカーが私のような女性客を対象としたすごく可愛い新車をリリースしている現状があり、
これはそろそろ買い替えたほうがいいのかなと思うようになりました。

けれどこの時、自分の預金残高が充分ではないこともあり、
私は消費者金融の自動車ローンを活用することに。

これで費用が捻出でき、待望の新車を買うことが出来ました。

けれど、この時、私はいかに早く融資して貰えるかばかりを念頭に自動車ローンを探していたのですが、
後から気がつくと他の消費者金融や銀行系の自動車ローンではもっと低い利息で借りれることが判明。

自動車ローンのおすすめサイトです



高い買い物なのでちょっとした利息の違いが大きな金額の差を運でしまいます。

これをなんとかしたくて、
私は借り換えの方向性を模索しはじめました。

するとダメもとで申請した銀行の自動車ローンの審査が通過し、幸運にも借り換えが叶うことになりました。

結局新たな自動車ローンで得た融資額でこれまでの借金を返済し、
いまでは低い利息のもとに比較的楽に返済を続けています。

おかげで新車も快調で、私の相棒として言うことなし。

思いきって借り換えして良かったなと思いました。

日産はかつて高い技術を持っていたプリンス自動車と合併しています。

その結果、フェアレディZとスカイラインという、走りに優れた車が併存することとなり、いまでも特別な車として迎えられているのです。

日産とプリンス自動車が合併したから生まれた数奇な併存

かつて日本には、いくつもの自動車メーカーが存在していました。
プリンス自動車もその中の一社であり、戦後の激動の中で揺れ動きながらも、名車を生み出してきたメーカーだったのです。
先進的な技術力を持っていたメーカーで、朝鮮戦争あたりで電気自動車を製造するほどの会社でした。
その理由は、戦時中戦力として日本を支えた、航空技術者が多く在籍しており、非常に高い技術を持っていたのです。
しかし、技術に偏重していき、経営とかけ離れたコストを出す状態になってしまったのです。
最終的にプリンス自動車は日産と合併することになりますが、その時に受け継がれたのが、スカイラインやなくなってしまいましたがグロリアなど、のちに日産の名車といわれる車だったのです。
結果的にこの合併があったからこそ、モータースポーツの日産が出来上がり、スカイラインとフェアレディZという、競合する車が併存するメーカーになっていくのです。

日産の新車を買うなら

現在ではプリンス自動車時代の名前を持つ車は、スカイラインだけになってしまいました。
その象徴たるGT-Rは、スカイラインから独立し、日産GT-Rとなり、独り立ちをしています。
ですが、スカイラインはやはり特別な車なのであり、日産車としても高い価値を持って買取などにも迎えられます。
無料一括査定でも、スカイラインは高額になりやすいのは、車としての評価だけではなく、それだけ愛する人が多いという面もあるのです。

中古車の輸出専門業者って

  • 投稿日:
  • by

【質問】
ディーゼル車のため、排ガス規制で乗れなくなってしまったので、
平成11年式ランドクルーザーのプラドを売却したいと思っています。

先日、ガリバーの系列買取屋さんに持っていきましたら、120か130くらいだと言われました。


そして、この車種が海外で人気があるとのことで、輸出専門業者にあたれば150~160くらい行くかもしれない、という話しでした。
輸出専門業者とは、どういうお店なのか、ご存じの方、教えて頂けますでしょうか。


【回答1】
私も規制に引っ掛かりまして買い替えしました。
業者は、ネットで、ディーゼル規制あたりのキーワードを検索すれば出て来ますよ。
私もこの業者と、新車ディーラーとか、買取専門店やら、合計6つに見積もりを出してもらいました。
結果は40万くらい幅がありましたね。
結局、次に買うことを考えてディーラー1社と、一番高く見積もってくれた買取専門店に絞りました。
で、まずディーラーと交渉していき、買取専門店の値段より高く言ってみたのです。
首尾よくその値段で下取りしてもらうことができました。
決裂しても買取専門店にお願いすればいいのですから、気持も楽というものです。

市によって規制対象ではないところもありますから、まだまだ交渉しだいですよ!



【回答2】
買取専門店なら、買い取らないことには商売あがったりなんで、流通相場くらいで買い取ってくれるのでは?
必ずしも輸出専門業者である必要はないと思いますよ。

スバルの星の輝きはついえない

  • 投稿日:
  • by

スバルといえば、夜空に輝く昴をモチーフとしたマークとともに浸透している、富士重工業の自動車ブランドです。
日本での生産にこだわっており、4WDやトヨタとの提携でも使われた水平対向エンジンなど高い技術が特徴です。

スバルが目指す日本のこだわり

スバルを展開する富士重工業は、日本にこだわるメーカーです。
もともとは多くの名機を生み出した中島飛行機から発展した企業で、航空機メーカーがスタートです。
戦後解体され、平和産業にシフトすることになりますが、それが自動車産業であったわけです。
スバルは富士重工業の自動車ブランド名ではありますが、外すことができない主力産業であり、日本では昴とも呼ばれるプレアデスをかたどったマークとともに、市場に浸透しているといえるでしょう。

車の査定額参考:

日本の自動車産業は、コストがかかりやすい国内生産をあきらめ、パーツを海外で生産し組み立てだけを日本で行う企業が大半です。
中には、組み立てまでタイで行っているような日産まで出てきています。
ところが、中島飛行機を生み出した群馬県を基盤とし、ほとんどの車を国内生産しているのです。
これは、他にはない特色であるといえるでしょう。
例外は、インディアナ州にあるSIAで、スズキとともに作った会社ではありましたが、現在では北米用の車体やトヨタのカムリを生産しているだけです。

スバルといえば、ツーリングワゴンの歴史であったともいえるでしょう。
4WDを基本としたレガシーや、WRCを含め世界戦略車として作られたインプレッサなど、必ずツーリングワゴン形状のボディを持って生まれているのです。

失いかけた輝きとトヨタとの連携

小さいながらいい車を作ることで定評があったわけですが、提携していたGMの倒産のあおりを受けたことと、軽自動車の不採算性で傾いてしまいます。
その時に手を結んだのはトヨタでした。
今では、ダイハツとの開発交流や、部品の共有化も進み、大きな経費削減ができるようになってきたのです。
その中で生まれたBRZはトヨタ86の兄弟でもあり、エンジンはスバルの水平対向エンジンを採用していることで有名になったのです。

スバルは、一度は輝きを失いかけました。
もう輝くことはないとまで言われた時期もあったのです。
しかし、世界でも有数の高い技術があるからこそ、トヨタのバックアップで輝きを取り戻してきているのです。

軽自動車で今気になるのはこの車

  • 投稿日:
  • by

軽自動車として、日産デイズは非常に複雑な環境にある車です。

スズキからOEMを受けていたルークスでもありますが、三菱自動車との合弁会社の生産でもあるのです。

それだけ性能も高いため、注目されているのです。

軽自動車のデイズの複雑な環境

日産自動車と三菱自動車の合併企業が生み出したのが、軽自動車のデイズです。
株式会社NMKVが作り出した車ですが、生産事業者は三菱自動車になっており、日産にとってはOEMといえるでしょう。
それまでスズキのOEMを受け販売していた日産が、軽自動車の開発として三菱自動車についたのですから、この合併は驚くべき話として駆け巡りました。

そういった中でできたデイズは、三菱のekワゴンと兄弟関係にあたります。
本来の流れで行けば、オッティの名前を継ぐはずの車なのですが、日産の意思の表れからか、新しい名前を与えられることになったのです。
軽自動車として、非常に完成度の高い車であり、室内も広く低燃費で走りやすい車です。
ただし、ターボ車に関しては、パワフルな代わりにアイドリングストップが取り付けられず、低燃費とは言い切れないレベルになってしまっています。
それでも、軽自動車としてかなり高い位置になっていることは間違いありません。

販売する背景には、ルークスの存在もあります。
スズキのパレットのOEMであり、軽のトールワゴンとしてモコとともに日産の軽自動車を支えていましたが、パレットの生産終了によりルークスも終了してしまいました。
そこで、デイズルークスとして、生産メーカーが違っても後継車としてあてているのです。
複雑な環境にある車ではありますが、それだけ注目を浴びる性能も持っているからなのです。


一括査定を複数使って、愛車を高額売却!!

値引きの交渉というのをしないのなら

  • 投稿日:
  • by

値引きの交渉というのをしないのなら、
交渉と呼べるものにはなっていきません。

新車購入に当たっては、きっかり値引きについての交渉をやりましょう。

念を押しますが、なんといっても交渉なのですからね!?
残価設定型ローンに決定するその前に、一般的なローンの見積もりを比較、
参照したほうがよいです。


3年でどれくらい走ったかおよび傷など車の状態によりどれだけの違いがあるものか、
しっかり話を聞きましょう。

銀行系カーローンであれば気安く申込むことができるのですが、
審査自体は若干厳しいことが多くなりそうです。


金利は抑え目の傾向でメリットのあるローンを組めるというようなことが持ち味です。

値引き幅が想定できない状況で車を下取りにだすならば、
その愛車を中古車の買い取り店で買い取ってもらうのが値引き幅もちゃんとわかり、
納得の上で新車を買うことができてしまいます。


新車の値引き具合ほど想定できないものもなさそうです。

新車については高価格の商品であるからして、
その購入者に従って、値引き額に差が生じるのが実態です。

絶対に車のローンと言うものには頭金が必須とされているのではないのですが、
審査においては少々左右されると思っておいた方が良いでしょう。

多くの頭金は審査には有効であるわけです。
残価設定型ローンの活用。



この返済方法を今度車を買い替える折にも活用していただければ、
頭金・車検を思い悩まずに、返済額を定額にすることもできます。

ディーラーが扱うカーローンというのは信販系のローンが普通であります。

信販系である自動車ローンであれば総量規制というものの対象なので、
年収の1/3超になる金額はローンを組めません。

今乗っている車は下取りしてもらうというなら、
中古車の買取を行っているショップで買取の査定というのを受けましょう。

下取りのときに交渉するのにも優勢に進めていくことが可能で、
査定の額が増加する結果になるかもしれません。



月々のローン返済以外にも、
必ずかかってくる車の維持費などを払っていくことは避けられません。

そのことを考えて頭金の額を決定しないと、
車維持が困難になってしまう状況が起こるかもしれません。

新車を買うときの値引き交渉のときに気にして欲しいのは、
できる限り時間配分を配慮して商談するということです。

慌てずにあなたのペースを守って交渉するようにするのがベストでしょう。

有益ポイントと不利益ポイントをしっかり見極めれば、
残価設定型というのは高価格の車も諦めずに済むうえに、
新型の車であっても安心して手が出せる。

検討してみてはどうだろう。

一番に検討して欲しいのが、残価設定型というシステム。



このプログラムなら、毎月毎月の支払は普通のローンと比べ、
おそらく半額近くになってしまうことになるのです。

個人情報を知られずに車を下取り査定してもらうときの額はすぐに調べられますが、
中古車に関しては個々でコンディションが異なります。

現実の相場と言うものとは遠いことも少なからずおこるから参考にするくらいに。

頭金と言うのは各自動車のローンによっても変わりますが、
必ずあるべきと言うのは違います。

しかし、頭金があればより審査には好都合です。